FC2ブログ
2009-08-26(Wed)

8月26日の昼食

DSCN2988.jpg

献立
   五目炊きおこわ、すまし汁(まいたけ、三つ葉)、赤魚の南部焼き、ずんだ和え、たくあん漬け、果物(オレンジ、キウイフルーツ)

今日の副菜は夏の食材、枝豆を使った「ずんだ和え」です。
前回は味が薄くて何が和えられているか分かりにくいというお話がありましたので、今回は見た目に彩りよく人参と茄子の皮を一部残して調理しました。
そのおかげか今回は美味しいとの声をいただきました。

『ずんだ』とは、ゆでた枝豆をすりつぶしたもののことをいい、豆をつぶす意味の豆打(ずだ)がなまったともいわれています。
茄子のずんだ和えは宮城県で、お盆時期の郷土料理として定番の一品とされています






枝豆は、大豆の未熟な実で、豆と野菜、両方の栄養的特徴を持つ緑黄色野菜です。
枝豆の栄養は大豆と緑黄色野菜の栄養の良いとこ取りなのです。
枝豆に含まれるたんぱく質のメチオニンは、ビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を促し、肝機能の働きを助けます。
つまり…ビールのおつまみに枝豆というのは、医学的にも理に叶っているわけです
大豆には含まれないビタミンA、ビタミンCも豊富で、利尿を促すカリウムは、むくみや高血圧の予防にも効果があります
食物繊維も多いのですがその分消化吸収に不安があるためによく噛むことが重要になります
今回のように和え衣として最初からある程度つぶしておくと言うのは体にも優しいんですよ
昔ながらならすり鉢とすりこぎを利用するのが一般的ですが今はミキサーやフードプロセッサーがありますので家庭でも意外とお手軽にできるのではないでしょうか

枝豆だけでなく食事はバランス良くよく噛んで召し上がってください

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mrjk

Author:mrjk
社会福祉法人 無量壽会のお食事や献立をお知らせします。
無量壽会では、管理栄養士による栄養管理はもちろん、食材や食器にもこだわり、おいしい食事の提供を行っています。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる